真言宗の葬儀

倉敷市の葬儀社、シオンホール倉敷の山田です。本日行われた葬儀をご報告いたします。

葬儀日時:2,017年9月9日(土)午後1時30分

お通夜日時:2017年9月8日(金)午後7時

場所:倉敷市林340番地 シオンホール倉敷

宗派:真言宗高野山派

葬儀種別:家族葬お別れプラン18

参列者数:6人 家族のみ

費用:180,000円(税別)

火葬斎場:倉敷市中央斎場

出棺時間:2,017年9月9日午後2時30分

本日、シオンホール倉敷で家族のみのご参列による葬儀がございました。事前にご相談をさせて頂いていたお客様でしたのでスムーズに取り運べる事が出来ました。

真言宗の葬儀

スタイルとしては、お通夜、告別式と一般的な儀式の流れの中、葬儀に必要な物を最小限に抑えた、シンプルな形式にて行われました。前日のお通夜から故人と最後の夜を過ごされて、本日の葬儀に至りましたが、良い天候にも恵まれてさわやかな秋風の吹く中、ご冥土へと旅立っていかれました。

真言宗の葬儀

お寺様の読経中に、故人のお孫さんが必死に涙をこらえていましたが、お母さんが「〇〇ちゃん、泣いてもいいのよ」とやさしく声を掛けると、こらえきれずに、涙が頬を伝わっていきました。もう逢えなくなる辛さ、もうやさしく接してもらう事が出来なくなる寂しさの場面に何度も遭遇していますが、今日の涙を必死にこらえていたお孫さん、それに気が付いてやさしく声を掛けたお母さんがとても印象に残りました。

真言宗の葬儀

※必要最小限に抑えたシンプルな葬儀