北枕について

人が亡くなると一般的には北枕にして寝かせます。
なぜ北枕なのかということですが・・・。

インドでお釈迦さまがお亡くなりになった時の姿になるのですが、その姿は
「頭北面西右脇(ずほくめんさいうきょう)」といわれ頭を北にして足を南に、右脇を下にして、お顔を西に向けられた姿です。
この世への肉体や心の欲、怒り、執着を断ち切ってこの世に未練を残さず死んで仏になってもらおうという考えから仏教では死者を北枕で寝かせる風習が生まれました。

北枕とはお釈迦様が安らぎの境地に達して死んだことから、迷いで燃え盛る火が消え、悟りに入ったというのが発祥で、死者を弔うのに仏教で広く習慣化したものです。

部屋の都合で北枕が出来ない場合は西方浄土といい日が沈む西が死の方向といわれ西枕でも構いません。
死者を北枕で寝かせることから、生きている人が北枕で寝ることは縁起が悪いともいわれております。

 

 

余談ですが風水上北枕で寝ると、金運・健康運が上昇し部屋の間取りをわざわざと
北枕で寝るようにする方もおられます。全く気にしないというかご存知でない方も多くいらっしゃいますね。