真言宗の葬儀

 

※シオンホール倉敷にて葬儀をおこなう場合

病院もしくは自宅でお亡くなりになられたらまずはシオンホール倉敷に連絡していただき御遺体の搬送をいたします。

ホールに到着後、御遺体をお布団に寝かせドライアイスにて御遺体の保護をして枕飾りの準備をします。

白木の小机にローソク 線香 りん 線香立 樒 一善飯(茶碗山盛にして真ん中に割りばしをたてる)

を準備して、安置している枕元に置きます。お寺様にご連絡して、枕経の時間の打ち合わせをし読経の運びとなります。

翌日にお通夜式となるのですが、その前に御遺体を棺に納棺いたします。納棺にあたっては、旅立ちの支度として手甲 脚絆 足袋 三角布 着物 草履 をご当家立会いにて御遺体に着させます。(仏衣一式)

お通夜式の前に喪主様と葬儀の打ち合わせをし、時間 形式を決定させていただくのですが

葬儀に必要な物棺 骨壺 白木位牌 白木膳 線香 蝋燭 巻布 塔婆 遺影写真 役所手続き)

オプション品(お食事 会葬返礼品 供花)等を分かりやすくご説明させていただきお見積りをいたします。

翌日に葬儀告別式となるのですが、打合せに従い司会進行を恙なくさせていただき、ご出棺になります。

火葬後に、お骨法要(初七日法要)を行い、終了後ご親族にてご会食をし散会となります。

※ご臨終 ⇒ 御遺体搬送 ⇒ 枕経 ⇒ お通夜 ⇒ 葬儀告別式 ⇒ 初七日法要 ⇒ 散会