1本花について

シオンホール倉敷の山田です。人が亡くなられて安置した時、1本花をお供えします。その言われについてご説明致します。

枕飾りの1本花として、主に関西地方は樒を使用します。なぜ1本花に樒を使用するかと申しますと

弘法大師が「青蓮華」の代用として修行に用いたのが入手し易い樒だったと言われています。樒の特徴としては香りが強いので遺体の臭気を消すためのお香としても用いられています。

また、毒性が強いことから土葬の時代に動物が荒らさない様に被害を防ぐ為でもありました。

お供えする1本花の時期は、臨終からお通夜の終わるまで必要になります。

1本花について