頂いたお香典のお返しについて

お香典は本来、関係者の方が自主的に来ていただき、ご葬儀代の足しにして下さいという善意で頂くものです。

一般的には会葬品にてお礼とされておりますが、高額な香典に対しては、満中陰志として49日の法要後に

忌明け礼状を添えて、手渡しか郵送をします。シオンホール倉敷は家族葬が多い関係で、香典辞退の方もおられますが頂いた場合は香典額の3割程度の品物を目安にされると良いかと思われます。

最近では、カタログギフトを送って先方様にお好きな品物をチョイスしてもらうシステムが好評の様です。

また、商品券でお返しを考えれれる方もおれれますが、商品券もいわばお金ですので「お金をいただいてお金で返す」

と言うことになり、失礼になりますので、避けた方が望ましいです。

どうしても商品券が避けられない場合には、カタログギフトとセットにして差し上げると、贈り物の形となりますので、良いでしょう。