葬儀のトラブル

お葬式のトラブルでよくあるのが、葬儀費用です。
追加費用不要と打ち出している業者は多々いますが、あくまでも葬儀の式をやる為の
祭壇の費用や棺・お骨セット等々の最低限必要な物に対してのプラン価格を定めており
それ以外の費用は必要になります。
たとえば、会葬品とか飲食代などは実費が必要です。また宗教者に対する御礼も葬儀以外に必要な費用になります。業者によってプラン価格に組み込んでいる物はさまざまではございますが、チラシやホームページ等に表示している金額ですべてが賄えることではないのです。葬儀担当によっては「○○○様との最後のお別れですから・・」と営業トークを炸裂させて、棺のグレードアップや祭壇の生花装飾をもっと豪華にと勧めて単価アップをする業者もいますので、冷静な判断が必要かと思われます。
最近は終活と言われます様に生前の時から葬儀の形態や知らせる方のリストアップをしたり、どのくらいの予算でやりたいかの希望をあらかじめ準備してる方も多くおられます。葬儀の見積りを数社からしてもらい、わからない部分は確認する事でいざという時に慌てる事もないでしょうし、トラブルも回顧できることと思います。

請求書

 

※お葬式の費用を安くするには

直葬(火葬式)といわれるやり方があります。通夜・告別式をやらないで、火葬のみの式になりますが最近はさまざまなご家庭の事情で増加しております。斎場にてお寺様に読経をしていただく事も可能ですのでご安心下さい。

 

一日葬といわれるやり方があります。通夜を行わずに告別式のみにするケースになるのですが、飲食の接待費がおさえられるのと施設使用料が一日分のみになりますので、ご負担費用がおさえれます。ただ、通夜をやらないので、会社関係等に告別式の時間が伝わりにくい場合がありますので、一般葬より家族葬に適しています。

 

葬儀のスタイルをあらかじめ決めておき、数社に見積りを依頼すると、同じスタイルで数万円~数十万円変わってきます。いわゆる事前の相談を時間的な余裕のある時に各葬儀社に出向いてみる事です。見積額がでたら「この金額で葬式ができるのですね」と念押しを忘れないようにして下さい。最近はネットから数社見積りを依頼する事も簡単に出来ますが、実際に近隣の葬儀社に出向くとホールの見学も出来ますし担当者の人柄もわかります。ご自身の思いで良い選択をなさって下さい。

 

宗教者へのお布施等は、それぞれ違います。髙額と評判の所もありますし逆に宗派によっては低額な所もあります。ご当家の菩提寺が決まっているのであれば、後の問題を避ける為にはそのお寺様にご依頼する方が望ましいです。戒名料は位によって決められた金額がありますがお布施に関しては決まってないのがほとんどですので、親戚やお寺の地区総代の方に尋ねるのもひとつの方法です。ネットで定額のお布施を提示している紹介サイトもありますので、決まった菩提寺がいなければ依頼する事で予算が立てやすく安心できます。また倉敷の葬儀・家族葬のシオンホール倉敷でも低額なお寺様のご紹介をさせていただいておりますのでご相談下さい。

安心画像