自宅で家族葬をする場合

倉敷の葬儀はホール葬が主流ではありますが、住み慣れた自宅で、ご葬儀をししたいと考える方もおられると思います。
ご家族ご親族を中心にご自宅で静かに故人を送りたいとのご希望と存じます。
お部屋のスペース的にも、最低お棺がご安置出来れば十分可能ですし
ご自宅で葬儀をされ、「やってよかった。」と申されたシオンホール倉敷のお客様もいらっしゃいます。
やり方の実例として、町内会の回覧板をご辞退され、、玄関もしくは目に付きやすい場所に翌日の葬儀は家族だけで執り行う旨の張り紙をしてご近所の方々への配慮をいたします。
どうしても最後のお姿を拝みたいと言われる方が、数名お通夜に来られましたが
当日の葬儀の時には、ご家族ご親族のみで行うことができました。
このように住み慣れたわが家でわが町で親族の方だけで静かに葬儀をするのは可能です。

 

 

 

ご近所のご不幸を知るのは回覧板か訃報案内の紙が掲示板に張ってあるのを見かけたというのがほとんどなので、それをやらないということです。
訃報案内を張らずに、回覧板をお断りするだけでも、ご会葬者は随分と減ります。
逆に回覧板にてご近所の方へ、喪主の意向をきちんとお伝えするということが地域の皆様へ対しての配慮であり、なおかつご希望である家族を中心に、静かにこじんまりと家族葬を行うことができるのです。
家族葬という言葉が定着している時代だからこそきちんと伝えておけば、「〇〇家は家族葬で行われるから、会葬を遠慮しよう。」というように、ご町内の方もご当家に対して配慮して下さるのです。

 

 

会葬者を招いてのご自宅での葬儀は、物理的な事も含めたさまざまな問題で難しいのかもしれませんが、ご家族を中心に行う家族葬はご自宅を離れなくても工夫すれば十分に可能となります。

%e8%87%aa%e5%ae%85%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f