満中陰志の挨拶状と法要案内の文例

※一般的な満中陰志の挨拶状

 

謹啓○○の候 ご尊家御一同様には益々ご繁栄の事と拝察申し上げます
亡○○○の葬儀に際しましてはご多用中にもかかわりませずご鄭重なるご弔意を賜りかつ

過分なご厚志に預りご芳情まことに有難く深く感謝いたしております
尚葬儀の際には取込中にて万事不行届きの段申し訳なく存じております
おかげをもちましてこの程
○○○○○○○大姉の満中陰法要を滞りなく相済ませました
ここに永年に賜わりましたご厚誼に対しまして感謝申し上げます
つきましては早速拝眉のうえ親しくお礼申し上げますのが本意ではございますが
略儀失礼ながら粗箋をもって謹んでご挨拶申し上げます

敬具
平成○○年○○月

 

 

 
※戒名を書かない挨拶状

謹啓○○の候 ご尊家御一同様には益々ご繁栄の事と拝察申し上げます
亡○○○の葬儀に際しましてはご多用中にもかかわりませずご鄭重なるご弔意を賜りかつ

過分なご厚志に預りご芳情まことに有難く深く感謝いたしております
尚葬儀の際には取込中にて万事不行届きの段申し訳なく存じております
おかげをもちましてこの程満中陰法要を滞りなく相済ませました
ここに永年に賜わりましたご厚誼に対しまして感謝申し上げます
つきましては早速拝眉のうえ親しくお礼申し上げますのが本意ではございますが
略儀失礼ながら粗箋をもって謹んでご挨拶申し上げます

 

敬具

平成○○年○○月

 

 

 

※法要の案内はがき

拝啓 ○○の候 貴家益々ご繁栄の事と拝察申し上げます

亡□ ○○○の葬儀に際しましては大変お世話になり その上過分なお香典を賜りまして誠に ありがとうございました

ここに厚く御礼申し上げます さて来る○○月○○日は ○○○○大姉の満中陰法要にあたります

つきましては当日 午前○○時より〇〇〇〇に於いて法要を営みたく存じます

法要後は供養のしるしに○○○○にて粗餐を差し上げたく存じますので

その折には亡○○の思い出話などをお聞かせいただければ幸いでございます

ご多忙とは存じますが 是非お参り賜ります様お願い申し上げます                             敬 具  平成○○年〇月

 

 

 

49日の法要後にする満中陰志の品物に添える 挨拶状の一般的な文例と法要の案内はがきの文例です。

実際は縦書きになり、奉書か二つ折りのカードに印刷を致します。 内容は葬儀の時の頂いた香典に対する御礼と49日の法要を無事に済ませた事の お知らせをする挨拶になります。 法要案内のハガキは、先方のご都合もありますので法要日の1か月前には 差し出すのが望ましいです。また早く段取りが出来れば粗供養の数とか料理の数も 決まりますので何かと忙しい時ですから宜しいかと存じます。また、法要の案内ハガキを往復ハガキにて出欠の返信を差し出してもらうやり方も ございます。