法事・法要について

法要と法事は同じ様な意味でよく使われていますが、厳密にいうと違っているのです。

法要とは、お坊さんにお経をあげてもらい、故人を偲び冥福を祈り供養するという意味になります。

法事とは、追善供養の後に参列者とご当家で会食を行う事をいいます。

一般的には法事とよく表現されますが、会食まで含めたことでの表現になりますので会食をしない場合は法要(追善供養)と表現するのが正しいのです。

 

法事に招かれたら出来るだけ出席されるのがマナーとされています。

急な用事で出席できない場合は、あらかじめご当家に出向き出席出来ない訳をお伝えし

御仏前を仏壇に御供えとして差し上げて下さい。遠方で出向いていけない場合は郵送でもかまいませんが、簡単な手紙を添えると良いでしょう。

 

法事を行うご当家は、法事当日の2か月位前に案内状の郵送、もしくはお電話にてお知らせする必要があります。

案内状のやり方として往復はがきで出欠の確認を把握するやり方と法事の日時等をお知らせするハガキを郵送し、後日お電話にて出欠の確認を把握するやり方があります。

いずれにしましても、粗供養(引出物)の数や料理の数に影響の無い様に準備して行く事が望ましいでしょう。

 

【法要案内ハガキの例文】

謹啓 厳寒の候 皆様には益々ご健勝の事と存じます

此度左記に依りまして甚だささやかながら 亡母 吉子儀

一周忌の法要を相つとめたく存じますので御多忙中誠に

恐縮ですがお繰合せの上 御参堂を賜りますよう

紙上にて失礼でございますが御案内申し上げます

敬 具

日時  平成二十九年十二月 三日(日)午前十時より

場所  シオンホール倉敷にて営ませていただきます

住 所 倉敷市林340番地

電話  086-485-1115

尚 法要後は粗膳をご用意いたしています

 

 

【ご当家が準備する物】

法事の案内を終え出席者の人数が確定したら、祭壇のお供物、粗供養品の決定と数、お料理の数を決めます。

仏式に必要な祭壇お供物としては、生花、おぼろ饅頭、果物、おもち、御霊供膳、塔婆となります。

また、粗供養(引出物)として1件の家族に1個(袋詰め物)、お料理は出席者全員分の数が必要になります。

いざという時に慌てない様、お早目のご準備をお勧めいたします。