平成29年4月2日ご来店のお客様

シオンホール倉敷の山田です。本日の相談者は葬儀業者を介せずに直葬を済ませたお客様でした。

:ご相談日  平成29年4月2日 日曜日


本日ご来店されたお客様は、1週間前にご身内の一人暮らしの老人を亡くされて、葬儀をご自身で役所に手続きに行かれて直葬にて見送った方からのご相談でした。また、以前に満中陰志でお世話になり約3か月程前にも法事の粗供養を購入して下さった方でもあります。

実は、亡くなる前にシオンホール倉敷にお電話でのお問合せを頂いていました。「申し訳ないのですが、費用の問題で、業者に頼まずに直葬をしたいのですが、どの様にすれば出来ますか」という内容のお電話でした。 私どもに任せていただけませんか・・と言うつもりでしたが、とても切羽詰った様な状況が電話を通しての会話で感じ取れたのと、葬儀代の具体的な手持ち金額も話されましたので協力をさせて頂く意味で、細かく手続きのやり方と直葬の進め方をお話しさせていただきました。

 

そして翌々日に亡くなられ故人を見送られたそうです。業者の立場として仕事をさせてもらうやり方も出来たかなと、正直思いました。業者に業者を通さずにしたいという相談はお客様の立場としては、なかなか話しづらい事だと私は思います。私どもだから話されたのか、私だから話せたのかはわかりませんが、ご信頼して下さいました事に御礼を申し上げます。

 

 

本日ご来店のお客様のご相談内容は、真言宗のお寺を紹介して欲しい事と、お位牌のご注文に来られました。早速にご要望を重視させてもらった上で、近くて親切なお寺様をご紹介させていただいた所、近い内に戒名を授かり、お骨のご相談にも行かれることになりました。