弔電のマナー

訃報の知らせがわかっても、事情で通夜や葬儀に出席できない場合に弔電を打ちます。
弔電を送っても葬儀に参列したらいけない事はないので、都合で可能になった場合は参列して焼香をしても問題はありません。
弔電は通夜・葬儀告別式当日に必ず届くように手配することが最も気をつける事になります。
電報サービスは即日に配達可能な時間帯に限りがあるので、届けたい日時に確実に届くかどうかの確認が必要になります。
できるだけ通夜・葬儀告別式の前日までに手配しておくと確実に届きます。
また、ご当家の宗派宗旨も把握しておかないと、たとえば仏式とキリスト教とは文言が違いますので、失礼にならないように気をつけなければいけません。
弔電を送る先の住所は通夜や葬儀・葬儀告別式が行われる場所の住所となります。
自宅で葬儀を行う場合はご遺族の自宅住所、葬儀屋で行われる場合はその住所に送ります。
弔電の宛名・宛先は故人なのか喪主なのかと迷われる方も多くおられますが
宛名・宛先は受取人である「喪主」になります。喪主の方の名前がどうしてもわからない場合は、故人の名前の後に〇〇家ご遺族様を付け加えて送ると良いでしょう。

弔電の例文としてご参考下さい

NTT D-MAIR

http://www.osoushiki-plaza.com/library/okuyami/kuyami03.html

 

VERY CARD

http://www.verycard.net/example/bunrei_2.php

 

郵便局 レタックス

https://www.post.japanpost.jp/service/letax/letax_tool/choui.html