式中初七日とは?

倉敷の葬儀社シオンホール倉敷の山田です。式中初七日について説明します。

賛否両論がありますが、時間が短縮される為、遠方から葬儀に参列された親族にとっては都合が良い場合もあります。

 

 

通常は、亡くなってから7日目に行うのが初七日法要なのですが、火葬後に再度葬儀をした場所もしくはお寺で行うやり方が現在の初七日法要になっています。それをさらに繰り上げて、葬儀の後引き続いて行うのが式中初七日法要と申します。従来のやり方と違い、葬儀・告別式の読経の中で初七日の読経も一緒に行います。

 

 
葬儀には家族、親族、友人の方々がご参列します。また、遠方から来る人も多く、本来亡くなってから7日後に再び集まり初七日法要を行うのは困難なケースもあり、初七日法要を繰り上げる事から、合理化をはかり式中初七日を行うケースがあります。それぞれの菩提寺にもよりますが、ご理解を示してくれるお寺様とそうでないお寺様がおられますので、ご注意が必要です。