平成29年5月31日の葬儀相談

相談日時:平成29年5月31日(水)午前11時

宗派:真言宗

葬儀の形態:家族葬

予算:400,000円

予定参列者:20名

火葬斎場:倉敷中央斎場

葬儀の場所:シオンホール倉敷

 

倉敷の葬儀社、シオンホール倉敷の山田です。

5月も今日で終わり、あっという間の1か月間でした。本日の葬儀事前相談をご紹介します。


本日の葬儀相談は、以前にご来店されたお客様がご近所の方を連れて来られました。
家族葬を希望されており、葬儀費用とシオンホール倉敷の葬儀プランの内容を教えてほしいという事でした。

 

15年前に祖母の葬儀を経験されていて、その時は現役でご夫婦共働いていて結構収入もあったそうです。その当時は家族葬というやり方の存在すらわからなくて、大掛かりな一般葬にて行い、ご会葬者もご近所、職場、親族合わせて250人の大掛かりな葬儀になったそうです。

 

葬儀費用はお香典で賄えたそうなのですが、新しい仏様の為仏壇、仏具を一式揃えられ、また、49日までに墓石も建てて、かなりの金額を費やされたそうです。金額までは言われませんでしたが、おそらく葬儀から墓石に至るまで500万は掛かったのではないかと思われます。

 

実はその当時としては、よく耳にする話で珍しい事でもないのかなと思い起こされます。それだけ世間が一人送ると、かなりの費用が必要になる事に対しての認識と、ある程度の覚悟を持っていた方々が、多くおられたのだと思います。

 

時が流れて現在は年金の生活になり、現役当時のおつき合いもなくなり、またご高齢の家族を持たれている関係もあり費用を抑えた家族葬を考える様になったそうです。

 

まずは、葬儀ホールのご見学をされて、着席できる予定参列者の人数を考慮した場合、広さ的に小じんまりとしているのが丁度良く、とても気に入って頂きました。
そして、シオンホール倉敷で一番ご利用して頂いている家族葬プラン35を家族でご検討されて、再度ご来店のお約束をして下さいまして、お帰りになられました。