家族葬と一般葬の比較

家族葬と一般葬の違いを記してみました。

家族葬は一般葬と比べて葬儀費用を抑える事が可能です。身内だけで行う葬儀は会葬御礼の品物(返礼品)や会葬礼状を準備しない場合、そのご負担がありません。
葬儀のスタイルも自由ですが特にシンプルな形式を選択する事が多く、祭壇の費用も抑えられます。
また、外部を気にすることがなく故人を送ることが出来るのでより注目されてます。
シオンホール倉敷で葬儀をされた方々は意外と離れた住所のお客様も多くおられます。家族葬に適した小じんまりしたホールを認識してもらっていることと、お客様がご近所様へのご配慮を考えての事とお察しします。お香典は辞退されるケースの場合がありますが、その場合葬儀費用は全部ご当家の負担になりますのであらかじめ予算をたてておく方が望ましいです。ご親族からのお香典は戴いて葬儀代の一部に充当されることをお勧めさせて頂いてます。49日法要の後に満中陰志としてお気持ちのみのお返しをされたら宜しいかと思います。

一般葬は、ご近所様、会社関係、故人の友人知人等々大勢の会葬者にご参列してもら為、式場もそれに対応した選択をしなければいけません。また、ご会葬品、ご会葬礼状をあらかじめ準備しておく必要があります。場合によっては祭壇費用も高額になり葬儀全体の費用もかなりの出費になります。そして、一般の御参列者への対応も失礼のない様にしなければなりません。
社葬でもない限りはお香典を戴く習慣がありますので葬儀代の一部に充当する事も出来ますが満中陰志で半返しをする為、その部分は手出しになろうかと存じます。

いずれにしても、葬儀の流れは家族葬も一般葬もほとんど変わりなく、ひとつの儀式として捉えて実行して参ります。喪主の社会的におかれている立場、あるいは故人生前の時の広いおつき合いの度合い、また、世間的な見栄を考慮したら一般葬、葬儀費用を抑えてシンプルに、最後は家族、親族のみでゆっくりとした気持ちで送りたいならば家族葬が最適でしょう。