喪主としてする事

人間いつかは死が訪れます。「葬儀」という形で故人を見送るわけですが、その葬儀で重要な役割を務める立場が「喪主」です。

お葬式に参列した事がある方はかなりいると思いますが、喪主を務めた方は少ないと思います。
家族や配偶者が亡くなった場合、ご悲嘆の状態であっても故人をきっちり見送るためには喪主の役目を果たす必要があります。
倉敷の葬儀シオンホール倉敷で行う場合、喪主が最初にしなければいけないことです。
ご親族、ご友人や病院等の助言もあると思うのでポイントだけを申しあげます。

 

•葬儀の場所
自宅、葬儀ホール、お寺など葬儀を行う場所の目星をつける
(事前にある程度決めておけば慌てません)

•遺体の搬送先
病院からの搬送先を決める (自宅もしくは直接葬儀ホールへ搬送)

•住職(寺)の段取り
菩提寺と同じ宗派の寺を選ぶのが一般的です。菩提寺のない方はシオンホール倉敷にご相談下さい

•遺影(故人の写真)を準備
故人の免許証・スナップ写真等々を用意

•葬儀の予算を決める
祭壇の形式(白木祭壇・生花祭壇)葬儀の種類(家族葬・一般葬)の選択と
香典の収入を見越した予算の計上。

・シオンホール倉敷に連絡
シオンホール倉敷に故人の氏名、病院名、搬送日時、遺体の搬送先を知らせる

死亡診断書の確認
・お通夜と葬儀日程を打合せ
葬儀日程は寺と火葬場などの空きを確認してから、調整する必要があるため
シオンホール倉敷にて段取りを致します。

 ・住職(寺)に連絡
お寺住職に連絡して枕経のお願いをする
・参列者に葬儀日程を知らせる
葬儀の種類によって知らせる人も違ってきます。
家族葬であれば、親族・親しかった友人知人
一般葬であれば、会社関係・町内会・親族・友人・知人

 

・葬儀の役割分担を決めておく
受付・接待係
出棺時の役割分担
遺影。遺骨箱、棺(5人程度)を持つ人の選定
白木位牌は必ず喪主が持ちます。

・精進料理の内容と人数の確認
立飯(巻き寿し・助六)の数と仕上げ法要後のお膳の値段と数の決定

 

上記の事項を短時間に決めてお通夜から葬儀告別式までの段取りを葬儀会社の担当者との打ち合わせによって、スムーズに進行していく運びとなります。

%e8%a9%b1%e3%81%97%e5%90%88%e3%81%84