卒塔婆について

シオンホール倉敷の山田です。卒塔婆についてご説明します。

卒塔婆(そとうば・そとば)は略して「塔婆(とうば)」ともいい、仏塔のことを意味します。
一般的に卒塔婆とは、追善供養のために経文や題目などを書き、お墓の後ろに立てる塔の形をした細長い板の形をして、墨で戒名とそれぞれの宗派の聖句あるいは梵字などが書かれています。
追善供養とは「生きている人の善行が故人の善行にもなる」という考えから行われるものです。
卒塔婆は、五輪塔のかたちがもとになって仏教の世界観が表現されています。

切れ目の下から一番めが地2番めが水3番めが火4番めが風一番上が空を表しております。

仏教はこの地、水、火、風、空の5つの要素が、この世界を構成していると考え、人間もこの要素によって生かされていると考えているのです。
この卒塔婆を立てるのは、お墓の中にいる故人一人一人を供養するためです。

卒塔婆を立てる時期としましては
49日や年忌法要の法事の時に立てるのが時期となります。
法事の日までに前もってお寺へ持参しておけば当日持って来てくださいます。また当日にお寺さんが読経の前に書かれる方もおられます。いずれにしましても忘れる事のない様にして下さい。

※浄土真宗は塔婆の使用はありません

 

※卒塔婆を立てている時期と処分の方法

卒塔婆をいつまで立ててなければいけないという決まりはございませんので、立てた後いつでも処分してもかまいません。

処分方法は、お寺でお焚きあげがある時期に持参し処分するのが一番良い方法ですが、環境問題等でお焚きあげをしないお寺もありますので、それぞれの菩提寺にご相談して下さい。