具足について

倉敷の葬儀社シオンホール倉敷の山田です。仏具の具足について説明致します。

法要・葬儀などで宗派に関係なく仏前を飾る道具のことを具足(ぐそく)と呼び、

香炉(こうろ)燭台(しょくだい)花立て(はなたて)1対を合わせたものを

五具足(ごぐそく)と呼びます。御本尊に向かって、中央部分に香炉、その両側に燭台を一対、一番外が花立ての一対となります。

具足

 

また、三具足(みつぐそく)といわれ、香炉(こうろ)花立て(はなたて)燭台(しょくだい)

の3点で表わします。

具足

いずれにしましても荘厳する為に必要な仏具になります。

五具足揃えるのが最も良いのですが、三具足しか持っててない場合はそれでも構いません。