仏事の用語

 

●枕飾り
ご遺体の枕元に白木の机を置き、花立て、香炉、燭台を供えて飾ります。

●一本花(一本樒)
死者の枕元に立てる一本花は、魂のよりどころとして花一輪を供えるもので、現在ではほとんど樒が使われます。樒は毒性があり、動物から仏を守るためともいわれます。

●一膳飯
人が亡くなると、故人が日常使っていた茶碗にご飯を山盛りし、中央に箸を立てて故人の枕元に供えます。一杯しか食べれないやり方で食別れの意味合いになります。

●枕経
亡くなった後、僧侶に最初にあげていただくお経で、基本的には親族や近親者のみで行いますこの像路の読経よって死者は仏になります。

枕飾りの祀り方

%e6%9e%95%e9%a3%be%e3%82%8a