平成29年4月10日の葬儀事前相談

:事前相談日      平成29年4月10日(月)午前10時

:希望の葬儀のスタイル  家族葬

:予定参列者      家族・親族20名

:希望ご予算      300,000円

:宗派     仏式のお寺の紹介を希望

:平成29年4月10日にシオンホール倉敷のホームページを見ました。というお電話での葬儀相談内容をご紹介します。お客様の不安はお寺様への御礼の額でした・・・


ネットからの検索でシオンホール倉敷の葬儀・家族葬のホームページを見て、葬儀の相談がございました。
現在高齢の方が病院に入院されており、なるべく安く葬儀を執り行いたいので費用はどのくらいでしょうかという問合せでした。
お電話のお客様のご希望は葬儀は仏式にて行い、家族葬で一般的な葬儀の流れに添って行いたいというご希望でした。
シオンホール倉敷の家族葬プランの一つに28万円で必要な物品が全部揃い、追加費用も一切発生しない葬儀プランがあるのですが、お電話口からお察した感じでは、やや不満の様に思えました。
もう少し掘り下げてお聞きさせていただいた所、葬儀の費用には不満はないのですがお寺様への御礼の費用の事でご心配を持たれていることがわかりました。

戒名料、お布施、お車代となるとお願いするお寺様によっては葬儀費用よりもお支払する額が高くなるかもしれないのは実際にあった事実でもあります。逆にご当家様の事情を思い、わずかのお布施でしていただいたお寺様もおられます。
ご先祖様がおられて、代々のおつき合いをしているお寺様でしたら事情をお話しされてご相談すれば良策が見つかるかもしれません。また、新しい仏様でしたら良心的なお寺様のご紹介をシオンホール倉敷の方でさせて頂くことも可能です。

幸いにもお客様は、ご先祖様がいなく新しい仏様になられる様でしたので、良心的な真言宗のお寺様をご紹介させて頂くことでご安心されました。
そして、もう一つの葬儀のスタイルに火葬式で執り行う事もご提案さしてもらいました。

今日のお客様の様に葬儀費用、お寺様への御礼の費用に不安を抱えられてる方々は多くおられます。火葬式で葬儀を執り行い、無宗教だとお寺様に読経をお願いしないので、お布施や戒名料の心配は必要がありませんし、葬儀の費用も安く出来ます。
シオンホール倉敷のお別れプランだと、付き添い安置も可能ですし翌日に小さなお別れの式も出来ます。それぞれのご家族様の想いでゆっくりと自由に故人の最後をお見送りすることも可能です。

お客様はどちらのスタイルをご選択されるかは、もう少し考えて見られるという事になりましたが、多少なりとも費用に対する不安は解消された様子でした。