ご遺骨の納骨事情

シオンホール倉敷の山田です。近年の納骨事情について説明します。

 

 

葬儀を終えて火葬も終えたら、ご遺骨としてご自宅に持ち帰りやがて納骨となります。

 

 
最近のお墓事情として、先祖墓や納骨堂に納めたり、自宅にそのまま保管していたり
また新たなやり方として海に散骨や樹木葬と言い墓地として認可された山林墓地にお骨を埋葬し墓石は作らず、植林や杭、花木などを墓標とする納骨のやり方があります。

 

 

 
深刻なお墓の承継問題を抱えられている方や、維持管理費の費用負担、故人と家族のさまざまな心情の関係で
ご遺骨の問題は現在、多くの方々が抱えられている事と思います。

 

 

 

 
残されたご遺族の為にも、生前の内にご自身の遺骨の管理方法を決めておく事も終活の一端として重要ではないかと存じます。

 

 

 
納骨堂で寺院に永代に渡る責任の元、供養と管理をしていただく事を永代供養と言います。納骨堂の中はそれぞれに仕切られているロッカーの様になっており、お彼岸とかお盆等の1年間の区切りの時や法要後のお参り等には焼香される方も多くおられます。

 

 

 

 

お墓を立てるよりも費用が安く出来るのと、お墓の後継者の問題でお墓じまいをして納骨堂にご先祖様を移動される方も近年は増加の傾向になっています。

 

 

 
また、納骨堂では自然の山海にご先祖様を触れさせてあげる事が出来ないので可哀想なんだけど、お墓を建てるには費用負担が大きいと言われる方は永代供養墓を選択される方もおられます。倉敷の墓石屋で管理費用も無料みたいなのでご参考になればと思います。

http://www.yasuragisekizai.jp/bochi/otoku_set.html