ご焼香のやり方

ご焼香のやり方は、立礼焼香 座礼焼香 回し焼香の3種類があります。

やり方としては右手の親指 人差し指 中指でお香をつまみ額の高さまで持ち上げて炭の方へ落とします。

宗派によっては1回で良いのと3回繰り返すのとさまざまです。真言宗は3回 日蓮宗は1回から3回 浄土宗は1回から3回天台宗は特になしといわれております。この辺りは真言宗が最も多くシオンホール倉敷で家族葬をしていただいたお客様の宗派も真言宗が多く皆様は3回繰り返されています。

お香を額の高さまで持ち上げる事を 押しいただくと申すのですが、浄土真宗の場合はそれを致しませんので注意が必要です。

周りの人のやり方を見て真似るのでも構いませんが、自身が一番の焼香順になるかもしれませんので豆知識として覚えておくのも良いのではないでしょうか。

当社式場は倉敷の家族葬専用の小さなホールですので、人数が多い時は回し焼香をいたします。椅子に座ったまま焼香炉を膝上に置いて焼香をして、隣の方へ廻してしていただくやり方です。膝や腰に不安をおもちのお客様には、歩くことなく出来るので好評をいただいています。

kimg0317