お香典の額と熨斗の表書

お香典の金額

職場の関係 3,000円~10,000円
友人・知人  5,000円~10,000円

身内 30,000円~100,000円
親類 10,000円~30,000円

 

 

身内の香典は両親の場合 50,000円~100,000円
その他の身内の場合   10,000円~30,000円

香典とは」別に供花 1本 10,000円~15,000円
又は籠盛り       10,000円~15,000円
※供花と籠盛りについては差し上げる方々のお気持ちになろうかと思います。

 

 

職場関係で5~10名位の連名で一人当たり2,000円~3000円のお香典を包む方も多くおられますが会葬品の価格も1,000円位致します。又、満中陰志でご当家が返礼品を送るとどうしても赤字になりますので、なるべくお香典は5,000円以上差し上げる方が望ましいです。

 

 
お香典を差し上げる方はお返しを期待しておられる方はいないでしょうが、ご当家の方はどうしてもわざわざ会葬して下さった事にたいしての御礼を品物に変えていたしますので、気をつけた方がよろしいかと思われます。
ただ、職場の仲間とか友人の中にはどなたかがリーダーとなって、3,000円づつ出そうとかになるケースも多々ありますので、一言「お返しは不要です」とか「気を使わないようにして下さい」などを書き添えて差し上げるのも方法になります。

 

 

家族葬の場合、お香典を受け取らない方もおられますが、通知がなければ差し上げても構いませんので、ご参考にして下さい。

※熨斗紙の表書き
仏教でしたら、『御霊前』もしくは『御香典』になりますが、浄土真宗に関しては『御仏前』と書きます。

 

もう少し分かり易く申しますと、仏教の教えの中に49日後に閻魔様の裁定を受けて極楽浄土に行き仏(ほとけ)になるという思想があります。仏(ほとけ)になる前は御霊(みたま)のままなので、49日より前は 御霊前 49日からは仏になるので 御仏前となります。

 

 

しかし、仏教のなかで浄土真宗は、死と同時に 仏になる 往生即成仏と言い御仏様になられるので 御仏前になります。事前にどの宗派かが分かれば、使い分けができますが分からなければ無難な御香典と表書きをしても特に問題はありません。