お清めの塩

シオンホール倉敷の山田です。お清めの塩についてご説明します。

お清めの塩を振る前には、手を洗います。葬儀へ行かなかった人が家にいる場合には、その人に柄杓で手に水をかけてもらいましょう。
お清めを行う場合は、必ず玄関の敷居をまたぐ前に行います。玄関の中に入った後で行うと、既に穢れが家の中に入ってしまうことになります。

お塩を体に振る際は、胸、背中、足元の順に振りかけます。塩をひとつまみしてそれぞれの場所に振りかけ、その後は手で軽く振り払います。ご家族の方がいらっしゃる場合はその方に振りかけてもらい、単身の方はご自分で振り払います。
体の3か所に塩を振り終えたら、最後に足元にある塩を踏んで終了です。

お清めの塩は食用として作られておらず、「非食品」です。食用としての基準を満たしておりませんので、庭に撒いたり、生ごみの殺菌用として撒いたり、そのまま捨てることをおすすめします。

清めの塩はもともと神道において死は穢れとみなされているので
それを清めるために清めの塩を使用するのですが、仏教は死を穢れとして扱わないので、本来は清めの塩を必要としないとされています。

塩を振るというお清めの行為は、昔ながらの風習として生と死を一つのものと捉え仏式の葬儀においても行われています。
しかし、仏教でも浄土真宗は死を穢れとして扱うことに反対する立場なので清めの塩は配られなかったりもします。