お悔やみの言葉

葬儀で気をつけたいことが「挨拶」です。大切な方を失ったご遺族に対して、お悔やみの言葉と元気づける言葉をかけてあげるときにも、使用してはいけない言葉がありますので注意が必要です。
避けなければいけない言葉を「忌み言葉」といいます。
忌み言葉とは、不幸が続くことを連想させる言葉のことで、ご遺族に対して配慮しなければいけませんので、使ってはいけません。また挨拶するときには「病状・死因」を聞くことは失礼にあたりますので最低限のマナーとしてご注意して下さい。

一般的なお悔やみの言葉

※この度はまことにご愁傷様です。謹んで心からお悔やみ申し上げます。

※あまりにも突然お知らせで言葉になりません。心からお悔やみを申し上げます。

※このたびは思いもかけないことで、さぞお力落としのことでしょう。

※この度は。。。(喋らずに頭を深く下げて態度で示す)

忌み言葉

・重ね重ね
・たびたび
・またまた
・重々
・いよいよ
・再三
・再四
・ますます
・返す返すも
・次々
・追って
・再び
・続く
・なお
・浮かばれぬ